真夏の秋の渡り オバシギ

春以来の隣県ハス田、まだ本格的な渡りの時期ではないでしょうが、キアシシギを見られたこともあり調子に乗って(?)出撃。

d0368631_22221565.jpg
まずはハス田の外の海、干潟。
チュウサギ

d0368631_22221662.jpg
コサギやウミネコも一緒に干潟でお食事中。
真ん中、黒ずんでいるウミネコは若い個体か、幼鳥?

d0368631_22221653.jpg
海岸線を飛ぶシギたち、違う機影が1羽居る!


続きは「more」↙️からお願いします




d0368631_22221770.jpg
キアシシギが5羽と

d0368631_22221759.jpg
それに混ざる1羽のオバシギ
キアシシギと比べるとちょっとだけ大きい、短足仲間(?)

d0368631_22221712.jpg
オバシギとキアシシギ
キアシシギももしかしたら近縁種が混ざっている可能性も僅かにあるんでしょうけど、まだ判定には自信がありません、今回は多分みんな普通のキアシシギで大丈夫でしょう。

d0368631_22280742.jpg
海岸線よりもハス田側の用水路にはオオバンの姿が。
居残りのようですね、さすがに繁殖まではしていないかな。

d0368631_22283709.jpg
最大で3羽までは見えました。もちろん問題なく元気そうに見えました。


d0368631_22283110.jpg
幼そうなカルガモの幼鳥が1羽だけ。ご機嫌そうにプラプラしていましたが、周りの親兄弟の姿は見えず、大丈夫なのかな?

d0368631_22244549.jpg
干潟がどんどん潮で満ちてきます。取り残されたようにコサギ&チュウサギの群れが固まっていました。
当たり前ですが、飛べるので人みたいに取り残されてるワケではないでしょうが、ギリギリまで食事をしたかったんでしょうかね。





by shinyaya0725_2 | 2017-07-26 01:00 | Comments(0)