目の前のコアジサシたち

前の記事の続き、大授搦

d0368631_20431295.jpg
シギチの群れの中に見られたもの、コアジサシ。
過去に地元で一度見たきりでした。

d0368631_20431376.jpg
シギチと一緒に干潟に降りて、目の前で姿を見せてくれます、近くて感動。

d0368631_20431353.jpg
飛翔も目の前で待ってくれるので見やすい。


続きは「more」↙️からお願いします




d0368631_20431306.jpg
ヒラヒラと優雅な飛翔です

d0368631_20431383.jpg
小さい写真でわかりづらいかもしれませんが、頭の黒い模様が眼と一体化しているので、眼を閉じると過眼線の一部が細くなったように見えます。
大きさは一緒に居るハマシギやメダイチドリたちと大差がないように見えます。

d0368631_20431412.jpg
こちらはおそらく若いコアジサシだと思われます。成鳥と比べるとクチバシは全体に黒く、頭の黒い模様も薄めではっきりとしません。

d0368631_20535073.jpg
こちらは早朝に見た上空を飛ぶシギチたち、主に赤いオオソリハシシギが多いです。画の真ん中より少し上、一羽だけユリカモメの夏羽が見えます。ここではユリカモメは少数派のようでした(時期もあるか?)

d0368631_20431424.jpg
こちらは多数派だったズグロカモメのV字編隊崩れ

d0368631_20431499.jpg
その後、干潟でも多数見られた休憩中?のズグロカモメたち






by shinyaya0725_2 | 2018-04-18 05:00 | Comments(0)