クロツラヘラサギも大量

前の記事の続き、大授搦

d0368631_02550977.jpg
ハマシギの群れの奥に闊歩する大きなクロツラヘラサギたち
右の子は後頭部の飾り羽や首の付け根辺りが黄色っぽくなっています、夏羽。
真ん中の子はクチバシの色が薄めに見えます、若い個体?
左の子は顔が黄色い?

d0368631_02551062.jpg
この時は顔が黄色いのはヘラサギなのかと思っていましたが、これもクロツラヘラサギになるようです。しかし若いからなのか老練だからなのか?どういう理由で黄色いのかまではわかりません。

d0368631_02550950.jpg
みんなで寝ているクロツラヘラサギたち、風にたなびく頭の飾り羽。


続きは「more」↙️からお願いします




d0368631_02550987.jpg
一緒に寝ているのはセグロカモメたちでしょうか?
意外と大きさが近い、クロツラヘラサギの方が圧倒的に大きいかと思っていましたが、首をたたんでいると、違いはこんなものでしょうか。

d0368631_02550995.jpg
クロツラヘラサギの飛翔、翼端に黒色が出ています。
これは若い個体の印のようです、年齢とともにこの黒が小さくなるようです。

d0368631_03142643.jpg
こちらはダイサギたちです、みんな目元が綺麗なグリーン。

d0368631_02551088.jpg
手前身のダイサギと左のクロツラヘラサギ。
風にもよりますが、頭を下に向けると頭の飾り羽が広がって見えます。

d0368631_02551084.jpg
数も20羽以上居たと思います。体が大きいこともあり存在感は抜群。

d0368631_02551056.jpg
改めて、このクチバシは大きさといい形といい、すごいです。首が疲れそう。







by shinyaya0725_2 | 2018-04-18 08:00 | Comments(0)