人気ブログランキング |

渡りのホトトギス

巡回から鷹見の山へ

d0368631_22170421.jpg
早朝のお城、木の中にコソコソと動くモノ。
センニュウかと思ったらムシクイでした、クチバシまで見えてないですが、メボソムシクイ型でした。

d0368631_22170469.jpg
お城の隣の公園、人工の小川、せせらぎ。
ポンプから吹き出し水が地下に消えていく、小さな小川端にカワセミが止まっていました。
全く予想していませんでした、人工の小川に飛び込む小さく浅い川で飛び込むことも驚きましたが、小さなメダカサイズの魚をゲットしている。こんなところに魚がいるとは驚き。

d0368631_22170497.jpg
街中の山、山の際の木々に杜鵑(トケン)を発見、小さい!
サイズからホトトギスで間違いなし。


続きは「More」↙️からお願いします




d0368631_22170426.jpg
陰影が強くいい写真ではありませんが、それほど遠くない距離で姿を見せてくれました、お腹側が見えなかったのが残念。背中側だけですが、もしかしたら幼鳥かと思いました。

d0368631_22170492.jpg
こちらはコサメビタキの飛翔、飛び出し。

d0368631_22170450.jpg
移動していつもの鷹見の山、AT山。
もちろん時期的に鷹の渡りはもう終わりの頃、鷹を全然期待していないと言えば嘘になりますが、念のため展望地。飛んでいたのはトビ、飛びながら足元のゴハンを食べているようでした。

d0368631_22170420.jpg
トビも撮れないんでは、渡りの鷹など撮れるわけがない。練習のためにもトビを撮らせていただく。曇り空だと特に難しい。

d0368631_22170550.jpg
この日のツバメはイワツバメ。
いえ、ここに来た目的は渡りの鷹ではありません。
続きは次の記事で(全く期待するようなことではないので悪しからず)








by shinyaya0725_2 | 2018-10-02 01:00 | Comments(0)