人気ブログランキング |

今季初ノゴマは若オス

巡回〜


d0368631_21292619.jpg
お城、コサメビタキ

d0368631_21292621.jpg
全く撮れてない写真をごめんなさい、お城の隣の公園のヤブサメ

d0368631_21292655.jpg
元島、海に囲まれた森、夏の豪雨災害でここにも土砂崩れの爪痕。
今までは深く暗い森でしたが、数カ所の土砂崩れの跡があり、ごっそり森が崩れ落ちて海まで見晴らせる。その土砂崩れの場所にコサメビタキ。


続きは「More」↙️からお願いします




d0368631_21292625.jpg
「ジジッ」ハッキリとした地鳴きが聞こえてくる、オオムシクイ。

そのオオムシクイの地鳴き。
すみませんがご本人は写ってないということでお願いします。

d0368631_21292659.jpg
逆光失礼、キビタキのメス
ここで鳥見の先輩から「お城にノゴマ」のご連絡をいただく。

d0368631_21453812.jpg
お城に戻る。
すぐに出迎えてくれるノゴマ、今季初

d0368631_21292719.jpg
もう毎年恒例と言ってもいいくらいオープンに出迎えてくれます。

d0368631_21292780.jpg
喉の赤色が薄い、この時点ではメスか若オスかわかりませんでした。

d0368631_21292711.jpg
しかし画像をよく見るとクチバシ直下の薄い赤色の他に少し下に小さな赤色も見える。きっと若オスの赤色が出ている最中でしょう。

d0368631_21292733.jpg
ノゴマらしく(?)ほぼ常に姿を見せてくれています、ありがたいことです。

d0368631_21453812.jpg
いや、朝、早朝に私もこの場所をチェックしているんですが、このノゴマが見えていない(汗
もうこの頃になると早朝の巡回は日の出時間が遅く限界に近いのかも。
お知らせいただいた先輩には感謝致します。

d0368631_22090643.jpg
茂みの奥、暗いところで。一応、枝どまり。

d0368631_22090625.jpg
それにしてもご多分に漏れないノゴマの愛想の良さは不思議なくらい。

d0368631_22090774.jpg
ちょっと気になったのは今季のトップバッターが若オス、幼鳥。
通常で考えれば成鳥のオスが先に来て通過している可能性も充分ありそう。
もちろん、ここを通った全てのノゴマを捕らえられるわけはないですが、すごく贅沢を言えば「幼鳥から」というのはちょっと引っかかる。

d0368631_22090755.jpg
何れにしても、やはり観られて嬉しいノゴマ。今季もこれから短い期間ですがお世話になります。どうぞ無事な旅を〜。

d0368631_22090797.jpg
お城にもキセキレイがやってきてくれました。
山から越冬地に移動中でしょう。

d0368631_22090752.jpg
お城にももちろんヤブサメ、これも写真失礼。ヤブサメを無理してまでは追わない。

d0368631_22090746.jpg
日本庭園脇、茂みの中に二つの機影。
一つはまたもやノゴマ、しかもお城と同様の若オスに見える。喉の赤が薄く広がる。
しかしやはり、お城以外ノゴマはそれなりに手強い。撮れたのはこれくらい。

d0368631_22090705.jpg
もう1羽、全く証拠にもならない写真ですが、目視で見えていた様子とこの写真(画面の右を向いている横姿の鳥が茂みの奥にチラチと見える)
喉の部分も見えていて赤色が見えないこともあり、おそらくこれもノゴマ、メスだと思われます。
ノゴマ初日に一気に3羽、順調です。














by shinyaya0725_2 | 2018-10-09 01:00 | Comments(0)